聖書

MENU

聖書は、神さまからのラブレター!

 

聖書は、神さまからのラブレターです!

 

聖書は、イスラエルの聖なる預言者たちに、神さまの啓示が与えられて記された書物です。

 

決して、単なる古代の出来事が書かれているだけではありません。

 

決して、単に古代の偉人・賢人の思想や哲学が書かれているのではありません。

 

聖書には、いつの時代も変わらない真理、神さまの愛が記されています。

 

 

あなたへの神さまの御ことば

 

「わたしの目には、あなたは高価で尊い。

 

わたしはあなたを愛している。」

 

(聖書・イザヤ43:4)

 

 

聖書

 

 

 

この、神さまからのラブレターである聖書を、共に読み味わいませんか?

 

 

神愛エクレシアでは、聖書そのものへの信仰を大切にしています。

 

 

ある教会では、礼拝のメッセージで、聖書よりも神学についての説教が多く語られてしまっています。

 

聖書の御ことばよりも、神学者○○はこう言っていた、しかし神学者△△はこう言っている、というように。

 

あるいは、古代や中世の神学者が書いた著作の内容を、そのまま伝えて礼拝説教としている方もいるようです。

 

その結果、聖書のメッセージと言うよりも、神学者の思想・信条が語られてしまい、原点である聖書から外れていってしまいます。

 

 

 

神愛エクレシアでは、神学者の主張や解釈を引用するよりも、聖書の内容は、聖書の他の対応箇所から理解することを大切にしています。

 

聖書のある箇所の内容は、他の箇所でも説明されていることが多く、聖書の全体を通して学べば理解できることが多いです。

 

 

このような、純粋な聖書理解、聖書信仰を、共に目指して学んでいきませんか?

 

 

「あなたのさとしは奇しく、それゆえ、私のたましいはそれを守ります。

 

みことばの戸が開くと、光が差し込み、わきまえのない者に悟りを与えます」

 

(聖書・詩編119:129、130)

 

聖書、天啓聖典、神秘の啓示