生ける石とは何か? ―聖書の解説―

  • LINEで送る

生ける石として、霊の家に築き上げられる

 

聖書には、次のような神さまの御ことばがあります。

「あなたがたも生ける石として、霊の家に築き上げられなさい。」

(聖書・Ⅰペテロ2:5)
 

「生ける石」という御ことばを読んで、

私は最初、その辺に落ちている石ころを思い浮かべました。
 

石ころが積み上げられて、

頑丈な石造りの家が出来上がっていくようなイメージでした。
 

けれども、聖書の黙示録には、

天の都について次のように描写されています。

 

天の都 聖書の描写

 
「都の城壁の土台石はあらゆる宝石で飾られていた。

第一の土台石は碧玉、第二はサファイヤ、第三は玉髄、

第四は緑玉、第五は赤縞めのう、第六は赤めのう、

第七は貴かんらん石、第八は緑柱石、第九は黄玉、

第十は緑玉髄、第十一は青玉、第十二は紫水晶であった。
 

また、十二の門は十二の真珠であった。

どの門もそれぞれ一つの真珠からできていた。

都の大通りは、透き通ったガラスのような純金であった。
 

私は、この都の中に神殿を見なかった。

それは、万物の支配者である、神であられる主と、

小羊とが都の神殿だからである。
 

都には、これを照らす太陽も月もいらない。

というのは、神の栄光が都を照らし、小羊が都のあかりだからである。

諸国の民が、都の光によって歩み、地の王たちはその栄光を携えて都に来る。」

(聖書:黙示録22・19~24)
 
 

このように、天の都は宝石でできています。
 
従って、「あなたがたも生ける石として、霊の家に築き上げられなさい」という場合の

「生ける石」というのは、宝石のイメージの方がふさわしいということを示されました。

 

神さまの御前での宝石

 

「きょう、主は、こう明言された。

あなたに約束したとおり、あなたは主の宝の民であり、

あなたが主のすべての命令を守るなら、主は、賛美と名声と栄光とを与えて、

あなたを主が造られたすべての国々の上に高くあげる。

そして、約束のとおり、あなたは、あなたの神、主の聖なる民となる。」

(聖書・申命記26:18,19)

 

救い主イエスさまの十字架の愛を信じていますか?
 

神さまにとって、あなたは輝かしい宝石です!

 
God loves you.☆

  • LINEで送る

このページの先頭へ