牧師・広田 信也さんの証し キリスト教信仰のきっかけ クリスチャン新聞より

  • LINEで送る

牧師をしておられる広田信也(ひろた しんや)さんが、
キリスト教を信仰するようになったきっかけがクリスチャン新聞に掲載されていたのでご紹介させていただきます。
 

最良の父親になりたくて教会へ (広田 信也 牧師の証し)

「子どもに良い影響を与えたい」と

広田さんが初めて教会に行ったのは27歳のときだ。
23歳で結婚して長男の豊さんが生まれてから「子どもに良い影響を与えられる愛のある人間になりたい」と、
痛切に思うようになったのがきっかけだ。

子どもの頃から勉強熱心。世の中で活躍できる優秀な人間になる、そのことを疑ったことはなかった。

トヨタに入って自動車エンジンの排気ガスの浄化装置の研究開発に携わるようになった。
この研究が実を結び、現在のクリーンなデ ィーゼルエンジンを生み出すことになった。
1999年には、優秀な発明に与えられる恩寵発明賞を受賞した。

職場は、常に高いレベルが求められる。
現状に満足しないで問題意識を持つことが習慣になっていた。
仕事でも家庭でも、自らのレベルを上げる。
それこそ世のため、自分のためだと信じていた。

「最良の父親になりたい」。そのために様々な教育書を読んだ。教師になるための勉強もした。

「キリスト教の世界には、キング牧師やマザー・テレサのように、世の中を変革する強い人たちがいる」

宗教という目に見えない、説明のできない世界は受け入れがたかったが、
キリスト教にその強さの秘密があるのではと考えて聖書を読み始めた。
 

牧師・広田信也 キリスト教会
 
*続きはありますが、引用はここまでとさせていただきます。
 

キリスト教葬儀サポートセンターの監修者・広田 信也 牧師

広田信也牧師は、キリスト教葬儀サポートセンターの監修者もしておられます。

キリスト教の信仰を共にする仲間として、尊敬します。
 

  • LINEで送る

このページの先頭へ